スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルイの憂鬱な日常・1

ルイのいつもの日常

~~~舞台背景~~

よくわからない日常シリーズ

~~~舞台背景ここまで~~~



ジェスター
「ル~イ~・・。お腹減ったよ~・・」
ルイ
「はーい。今作ってますから待っててくださいね」
キュピル
「ルイ。すまないけど今日肉料理何か入れてくれないか?クエストショップで今日ブーピング狩りまくったら
 無性に肉食いたくなったんだ。」
ルイ
「大丈夫ですよ、入ってますから」
キュピル
「助かるよ」
ファン
「ルイさん。今日ちょっと胃の調子がよくないみたいなので調味料はあんまりかけないでください・・」
ジェスター
「あ、私のご飯味薄くしないでね!」
ファン
「しかし同じフライパンでやってますから塩とかの調整大変なんでは・・・」
ルイ
「プロですからしっかり分けれますよ。」

~~ 一時間後 ~~

ジェスター
「ごちそうさまー!」
キュピル
「ごちそうさま」
ファン
「ごちそうさまでした」
ルイ
「片づけちゃいますね」


キュピル
「ルイってえらいよな」
ファン
「そうですね。ストレスとか貯まらないんでしょうか?」
キュピル
「うーむ。俺も思う。あんな注文毎日毎日ぶつけられてワガママ言われて
それでも何も言わずに家事をこなすわけだから・・・。
ルイが来るまでは俺が全部やってたけどジェスターとか無理な注文つけたらフライパンとお玉持って
『キュピル:おい!ジェスター!ワガママな注文はよくない!!』
『ジェスター:ぎゃー!うるさい~!』
ガンガン音鳴らして反抗したのに・・・」
ファン
「流石元メイド長なだけありますよね」
キュピル
「まったくだ」


・・・もちろんルイだってストレスはたまる。
でも・・?

ルイ
「ふぅ~。片付け終了っと。」
ジェスター
「ルイ~。ちょっと小腹空いたー・・・」
ルイ
「機械のネジですね?」
ジェスター
「うんー」

ルイが機械のネジを持つ。
ジェスターが口をあける。

ジェスター
「あーん」
ルイ
「・・・・」
ジェスター
「あーーーん」
ルイ
「・・・・・」
ルイ
「あーーーーん!」

ルイがいつまでたっても機械のネジをジェスターに食べさせない。
手で口に入れてって合図を送ってもルイは食べさせない。
しまいにジェスターがふてくされて頬を膨らませぷんぷん怒りだした。

ジェスター
「ムスッ・・・」
ルイ
「ふふ、冗談ですよ。はいどうぞ」
ジェスター
「わーい!」

ジェスターがにっこり笑ってガリガリ機械のネジを食べはじめた。

ルイ
「(ペットって可愛い・・。イニュイトとかほしいかも・・・)」

これがルイのストレス解消法らしい・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。